恐ろしい病気!心臓病とはどんな病気なのか

多いのが虚血性心疾患

心臓病には様々な種類がありますが、代表的なのが、狭心症や心筋梗塞といった「虚血性心疾患」です。虚血性心疾患とは、冠状動脈という心臓にある血管が心臓を動かしている心臓の筋肉である心筋に冠状動脈が挟まれてしんまい、血液が十分に行かなくなったり途絶えてしまうというものです。心筋に血液が行き届かないと酸素や栄養素が届かなくなってしまうため、細胞は壊死し、急激に心機能が低下して命を失うことにもなってしまいます。

狭心症とはどんな病気か

狭心症とは、心筋に一時的に血液が届かなくなり、胸が締め付けられるような痛みや押しつぶされるような痛み、息が詰まるような痛み、しびれるような痛みといった激しい痛みが発生します。胸の痛みは数分から数十分くらいで治まることが多いようです。狭心症は、走る、階段の上り下り、怒る、入浴といった体も心も激しい動きをしたときに起こることが多いといわれています。狭心症が起こる原因には、冠状動脈の内腔が粥状動脈硬化を起こすことで血管内が狭くなり、血液の流れが悪くなることで、ニトログリセリンを使用することで痛みを軽減させることが可能です。

心筋梗塞とはどんな病気なのか

心筋梗塞とは、突然激しい胸の痛みが起こる病気で、安静時や就寝中に発作が起こることが多く、痛みは数十分から数時間続きます。また、痛みは胸だけではなく、左肩や左上、首、みぞおち、あごなどにも起こり、痛みは狭心症よりも強いのが特徴です。心筋梗塞は、動脈硬化などによって血管内が狭くなってしまうことで起こり、心筋が壊死して心機能が低下し、悪化すると心不全やショック症状が起こって命にも危険が及んでしまいます。

僧帽弁閉鎖不全症になると心臓の機能に異常が生じて血液が逆流することがあります。僅かな運動でも激しい息切れに見舞われ、場合によっては呼吸困難に陥ることがあるので注意が必要です。